インプラントの症例

A.歯が1本無くなった場合

従来の治療法では、両隣の歯を削ってブリッジ(橋)を作っています。インプラントであれば、隣の歯を削らずに治療することができます

インプラント 症例 1

術前術前【術前】
1本分歯が無いのを気にされています。 両隣の歯はきれいだし、ブリッジにはしたくないとのこと。

術後術後【術後】
インプラント治療を行いました。両隣の歯を削らずにすみました。新しい自分の歯のようで違和感も無いので大変喜ばれました。

B.片側の奥歯が無くなった場合

従来では義歯(入れ歯)でした、義歯は留め金等が残った歯に負担をかけます、また取り外しのため違和感が・・・インプラントであれば固定性で、残った歯にも負担がかかりません。

インプラント 症例 2

術前
【術前】
右下奥の歯は虫歯を放置していたためにぼろぼろです。残念ながら抜歯をしました。。

術前
【術後】
インプラント治療を行いました。両隣の歯を削らずにすみました。新しい自分の歯のようで違和感も無いので大変喜ばれました。

C.左右両方の奥歯が無い場合

.左右両方の奥歯が無い場合

インプラント 症例 3

術前 【術前】
4~5年前より左右奥歯に義歯を使われていますが、留め金が舌に触ったり、がたついて食べ物が美味しく無いそうです。また義歯そのものをつけていることが煩わしいそうです。

術後 【術後】
左右奥をインプラントで治療しました。(左2本、右3本)

術後経過
【術後経過】
取り外しでなく固定になり、退職後の唯一の愉しみの食事も美味しくいただけるようになったそうです。義歯の煩わしさもなく快適です。

D.歯が少ししか残ってない場合

歯が少ししか残ってない場合 総入れ歯(総義歯)は歯茎と義歯の吸着力で支えています。固定するものが無いために入れ歯が動いたり、がたついたりします。

インプラント 症例 4

術前 【術前】
下の歯は4本しか残っていません。しかし、人と話をする職業柄、義歯はイヤで今迄過ごしていました。

術後術後

【術後】
全部で8本のインプラントを埋入しました。自分の歯も残すことができ、固定性にする事ができました。 インプラント治療をおこなうことで、自信と活気を取り戻され、仕事に精をだされる毎日です。

E.歯が全て無くなった場合

歯が全て無くなった場合総入れ歯(総義歯)は歯茎と義歯の吸着力で支えています。固定するものが無いために入れ歯が動いたり、がたついたりします。

歯が全て無くなった場合歯が全て無くなった場合

インプラント治療を応用する事で、入れ歯を維持装置で固定する事ができ、総入れ歯であってもがたつきを押さえることができます。

インプラント 症例 5

術前【術前】
総義歯ががたついて食事が美味しくないとのこと。口の中は長年総義歯で苦労されてたようで土手は無くなっていました。入れ歯安定材をいろいろ使われてもがたつきはよくならないとのことでした。

術後
【術後】
インプラント4本を埋入し磁石を維持装置とする磁石義歯にて対応しました。同じ総義歯でも今迄義歯で苦労してきたのが嘘のように快適です。お友達との会食も進んで参加できるようになられたそうです。

F.弱った歯を助けるインプラント

弱った歯を助けるインプラントたくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジでは残っている歯だけで咬む力を支えなければなりません。しかし、この咬む力はとても大きなものです。

弱った歯を助けるインプラント抜けているところにインプラントを追加する事で、咬む力のバランスがとれて、歯に対する負担も軽くする事ができます。。

インプラント 症例 6

術前術前

【術前】
ブリッジの土台の歯(手前)が悪くなり抜歯、再度ブリッジをして、これ以上自分の歯に負担をかけたくないそうです。

術後
【術後】
ブリッジではなくインプラントを無くなった歯の代わりに追加しました。残った歯に対する負担も軽くなり、新たに手前の歯を削らずに済みました。

G.インプラントを入れる為の骨が足りない場合

インプラントを入れる為の骨が足りない場合

インプラント治療を希望している、でもインプラントを入れる骨が足りない・・インプラント治療を行う大前提として、インプラントを入れるだけの十分な骨の量と長さが必要です。しかし、歯周病や虫歯が進行した歯の抜歯後、または義歯を長期間入れて歯茎が痩せてしまった場合、インプラントを入れる骨量が足りない場合もあります。その場合、骨再生療法(GBR法)で必要な骨の量を作る事が可能です。必要な骨の検査にはレントゲン検査や口腔内模型検査、時にはCTスキャンをとる場合もあります。いずれにしても的確な診断が大切です。

インプラント 症例 7

術前術前

【術前】
左上にインプラント治療を希望しています。歯周病が進行した為にインプラント治療に十分な骨の量が足りませんでした。

術前術前

【術中】
まず、再生療法(GBR法)を行い、失った骨を再生させます。

術前術前

【術後】
予定通り、骨が再生してきています(レントゲンで白くもやもやしたところが骨です。黒い部分は骨が無い状態)骨再生を確認後インプラント治療ができました。

*このように当医院では、綿密な診査と治療計画、注意深い処置、精度の高い設計等を考慮しインプラント治療を行い、患者さんに喜んでいただいています。