CT検査について

歯科用CT(コンピューター断層撮影)装置

CTの最大の利点は従来では2次元的にしか診断できなかった状態を3次元的にも確認できることです。歯科用CTは従来の医科用CTと異なりより繊細な口腔内の状態を正確に診断できます。

安東歯科医院では、レントゲン撮影においてデジタルX線撮影装置を導入しています、従来のX線写真の 1/10の放射線量で撮影可能で、身体への影響を最小限度にできます。また、撮影して瞬時にコピュータに映し出せる為に、お待たせする時間も短縮できました。

歯科用CT撮影 ( コンピュータ断層撮影) は今迄のX線で平面的(2次元)にしか診断できない状態を、立体的(3次元)に確認できます。当医院の歯科用CTは医科用CTに比べて繊細なお口の中の状態を正確に診断できます。

インプラント治療はもとより、歯周病で進行した 骨の状態,歯の根治療(根管治療)の歯根の状態、歯の破折、親知らずの抜歯の検査等に効果的です。 

より詳しくは安東歯科特設ウェブサイト「福岡安東CT・審美・インプラントセンター」をご覧ください。