精密義歯・特殊義歯治療について

歯を多く失った場合、昔から知られる治療法として義歯があります。一言で義歯といっても、歯の無くなった状態、残っている歯の状態、顎の状態、治療費等により義歯の設計は様々な種類があります。
保険の義歯は使用できる金属、材質、使う技術等にも制限があります。一方、自費の場合は、そのような制限がありませんので時間をかけて快適な義歯を作成することが可能です。

しかし、義歯を口腔内に入れている事自体の煩わしさを解決するには現状では固定性(インプラント治療等)の治療法が最適です。

『部分入れ歯』といっても色々あります

保険の入れ歯は、材料、技術に制限があり、バネがかかる歯に負担をかけ、違和感も強い傾向があります。 自費治療の場合、歯に負担のかかりにくい材料、高度な技術で違和感の少ない、より快適な精密義歯を作成できます。

 

保険 上あごの部分の違和感が強い、壊れやすい、歯に負担をかける

自費 金属床 上あごの部分の違和感が少ない、壊れにくい、歯に優しい

保険 下前歯の裏部分の違和感が強い、壊れやすい、歯に負担をかける

自費 金属床 下前歯の裏部分の違和感が少ない、壊れにくい、歯に優しい

自費治療の義歯いろいろ

ノンクラスプ義歯バネがない義歯、しかし耐久性に劣る
金属床と金属歯よく噛める、壊れにくい
磁石義歯違和感が少ない、壊れにくい、よく噛める
保険のレジン床と自費の金属床について

材料が違うので製作工程がまるで違います。ガタつかずよく働く相性のいい「相棒」を手に入れるために、各タイプの特徴についてよく検討しましょう。

  おすすめポイント ココに注意!
レジン床の部分入れ歯
保険:安価だが、使い心地がいまひとつ?
●安価
●修理しやすい
●設計や使える材料に制限があり、適合性が劣る
●破損しやすい
●床の厚みで違和感を感じやすい
●クラスプが目立つことがある
金属床の部分入れ歯
自費の代表格:薄くて違和感も少なく適合性も高い!
●連結子とクラスプを1ピースで精巧に作ることができ、設計の自由度も大きいので適合性が良い
●破損しにくい
●薄く作ることができるので違和感が少ない
●食べ物の温度がよく伝わる
●やや高価
●修理がしにくい
●クラスプが目立つことがある

安東歯科医院での『総入れ歯』治療

保険治療の場合、材料、技術の制限があるために、精度を高い義歯をつくる事は 困難で、安定して咬む事ができません。自費治療の場合、一度、仮義歯で患者さん特有の顎の形、歯ぐき、咬み癖などを調整し、手間と時間をかけて、最終義歯を 作成します。その為にオーダーメードの快適な精密義歯をつくる事ができます。

レジン床

耐久性に劣る熱感が伝わらない

金属床

壊れにくい、薄くできる 熱感が伝わる

レジン床金属歯

よく噛める、耐久性に劣る、熱感が伝わらない

金属床金属歯

よく噛める 壊れにくい、 薄くできる 熱感が伝わる